2016年7月15日金曜日

Androidで快適親指シフト入力ができるOyaMozc

古くからの作家やライターのなかには、親指シフト入力のユーザーが少なくありませんが、いまは多くのフリーソフトなどによって、PCでもMacでも親指シフト入力が行えます。
これらの情報は、NICOLA日本語入力コンソーシアムにまとめられていますから、興味があればそちらを閲覧してみるといいです。PCやMacで親指シフト入力を実現するためのアプリの紹介もあります。

このNICOLA日本語入力コンソーシアムで紹介されているAndroid用のOyaWnnに関しては、以前に紹介したことがありますが、またAndroid用の新たな親指入力アプリが配布されたので、使ってみました。

新しいアプリは、OyaWnnと同じINWORKSさんが配布するOyaMozc(親指シフト対応IME)で、Google PlayのOyaMozcからインストールできます。

OyaMozcは、かな漢字変換エンジンとしてMozcエンジンを採用したということで、変換効率が高くなっているようです。Mozcというのは、Google日本語入力のオープンソース版で、日本語変換エンジン。簡単に言ってしまえば、OyaMozcは親指シフトでGoogle日本語入力が行えるようになった、という感じです。

Google PlayでOyaMozcをインストールしたら、アイコンをタップして起動。画面の指示にしたがって「次へ」ボタンを押していくと、システムの「言語と文字入力」設定画面に変わります。この画面で、「OyaMozc for Android」をタップして有効にし、さらに入力方法の選択画面で、やはり「OyaMozc for Android」を有効に設定します。

 


OyaMozc for Androidを有効にしたら、キーボードなどの設定を行っておくといいけど、設定しなくてもとりあえずこれでAndroid端末で親指シフト入力が行えるようになります。
ただし、スマホでもタブレットでも、画面に表示されるソフトキーボードで親指シフト入力を行うのは、現実的ではないでしょう。外付けキーボードを利用するとき、親指シフト入力が行えるというのが現実的。それを考えてキーボードの設定を行っておくのがいいかも。



親指シフト入力というのは、1つのキーの打鍵で入力できる文字と、2つのキーの同時打鍵によって入力できる文字があり、それによって高速な日本語入力が行えるんだけど、そのためには同時打鍵用のキーを指定しておく必要があります。それがOyaMozcの「親指シフトキー設定」。

Bluetoothなどで外付けキーボードを接続し、OyaMozcの設定画面を開き、「親指シフトキー設定」という項目をタップ。するとキー設定画面が開きますから、「左親指キー変更」ボタンを押してから、キーボードの左親指キーに設定したいキーを打鍵。これでキーコードが取得され、指定したキーが左手での同時打鍵用のキーに設定されます。続けて、右親指キーも設定。

 


これで外付けキーボードで親指入力が行えるようになります。
試しに、中段のキー(ASDFGHJKL)を打鍵すると、「うしてけせはときい」と入力され、親指シフトキーとの同時打鍵では「をあなゅもみおのょっ」と入力。親指シフト入力が実現されているのがわかります。
実際に日本語を入力して変換させてみると、PCやMacでGoogle日本語入力を使ったときと同じように、かなり効率のいい変換が行えるのがわかります。
これで出先でも、キーボードさえ持っていれば、Android端末で仕事ができる。したくないけど(泣)。


 

2016年6月29日水曜日

KindleのPage Flip機能を使う

アマゾンのKindleに、Page Flip機能が追加されたという発表が、昨日(2016/06/28)の米アマゾンに掲載されていました。( Hop, Skim and Jump. We'll Save Your Place. )
関連情報:Amazon、Kindle上で簡単に他ページを参照できるようにする「Page Flip」を順次公開中

本のページをパラパラめくるのと同じような機能を、Kindle上で実現しようというもののようです。
で、早速試してみました。

これまでKindle本でページをパラパラめくるには、e-InkのKindle端末で画面下部のナビゲーションツールバーを開き、ここでPage Flipアイコンをタップ。これで現在表示しているページが画面内にプレビューウィンドウとして表示されるので、右または左に移動する矢印をタップしてプレビューを変更して、目的のページを探し、あるいは移動できました。
このPage Flip機能をもっと強力にしたのが、新しく追加されたPage Flip(ページフリップ)機能です。
発表と同時にKindle for iOSがアップデートされたので、早速試してみました。(画面はiPad miniでのキャプチャですが、iPhoneでもまったく同じです)

なお、このPage Flip機能はすべてのKindle端末、Fireタブレット、iOS、Android版で利用できるようになるそうですが、実際に利用できるようになるためにはソフトのアップデートが必要です。

また、この機能が利用できるのは、Kindle本側がPage Flip機能に対応している必要があります。
Page Flip機能に対応しているかどうかは、該当書籍のアマゾンのページで、Kindle本の説明の下に「Page Flip:有効」と記載されているKindle本のみで、いまのところ日本語版の本は少ないようです。

英語版のKindle本で、日本のKindleストアでも販売されているもののなかに、Page Flipが有効な本があるので、それで試してみるといいかな。

Page Flip対応のKindle本をはじめて開くと、Page Flipの説明が表示されます。
Kindle本を開き、適当なページで画面中央より上の方をタップ。ナビゲーションメニューを表示するのと同じです。すると、ナビゲーションメニューとともに、現在のページがプレビューウィンドウで表示されます。
画面を左右にフリップすれば、プレビューウィンドウが移動できます。目的のページで画面をタップすれば、指定したページが表示されます。 画面左下に小さなページが表示されていますから、これをタップすれば、プレビューウィンドウを表示する前のページに戻ります。

最下段の左端のアイコンをタップすると、もっと小さなプレビューウィンドウが表示され、画面を上下にスクロールすることで、書籍をパラパラとめくっているような感じで目的のページが探せます。
見たいページのプレビューをタップすれば、指定したページに移動して表示されます。やはり画面上部の現在のページを表示したアイコンをタップすれば、Page Flipを指定する前の元のページに戻ります。


2016年4月4日月曜日

新刊「パソコンとスマホで仕事を効率的に進める105の方法」

パソコンとスマホで仕事を効率的に進める105の方法 パソコンとスマホで仕事を効率的に進める105の方法

武井一巳
三才ブックス
1,296円
2016/3月25日発売


   おわりに

 スマホやアイフォーンは、いまや生活になくてはならないアイテムだ。プライベートばかりでなく、仕事の場面でも、大いに役立ってくれるツールとなる。ただし、そのためにはスマホやアイフォーンを活用するためのノウハウが必要になる。

 しかも最近では、これらの携帯端末ばかりでなくパソコンでさえ、クラウドを利用するのが一般的だ。クラウド上のアプリを使い、データもクラウドに保存する。それによってパソコンでもスマホでも、あるいはアイフォーンでもタブレットでも、すべての機器で同じデータが使えるようになり、仕事の効率が上がる。

 本書では、そんなスマホやアイフォーンとクラウドとの連携、さらにクラウドを活用する方法を解説した。本書がすべてのユーザーに参考になれば幸いである。


→目次はこちら

2015年11月18日水曜日

新刊「Ingress徹底攻略完全日本語ガイド」

Ingress徹底攻略完全日本語ガイド
Ingress徹底攻略完全日本語ガイド


武井一巳
秀和システム
1,296円
2015/11月18日発売
電子書籍プレゼント付き


  はじめに
「Ingress」にハマりはじめて、半年以上経過した。ゲームにハマるのなど何年ぶりかで、自分でも不思議に思っている。

 実は、Ingressそのものはスタート直後にプレイしてみたのだが、まったく歯が立たずに、すぐ諦めてプレイしなくなってしまった。レベルが低いうちはできることが限られてくるため、Ingressのおもしろさがわからないうちに止めてしまうことが多いのだ。

 いや、最初のうちはポータルをハックしたら、あとは何ができるのか、手持ちのアイテムでどんなことができるのか、それらを実際にやると、どんな結果になるのか、それら一連の、これまでのゲームではすぐに実感できる勘所とでもいうべき部分が、まるでわからなかったのだ。

 そのうち、打ち合わせや取材などで出歩くついでに、Ingressを再びプレイしてみた。最初にポータル同士がリンクできたとき、さらに思わぬコントロールフィールド(CF)が作成できたときは、ちょっとした感動さえあった。さらにレベルがちょっと上がり、まがりなりにも敵ポータルを攻撃して中立化したときは、密かな興奮さえ覚えた。これがIngressの魅力なのか、とその楽しさを実感したものだ。

 やがてメダルをゲットし、そのメダルの色がアップグレードされるころには、立派にIngressにハマリ込んでいた。

 このIngressの楽しみを初心者にも伝えたくて、本書を執筆した。すでにレベルが高いエージェント(ユーザー、プレーヤー)にとっては、知っていることばかりかもしれない。だが、初心者エージェントにはわからないことがいっぱいある。アイテムの使い方から、ポータルでのアクション、リンクの条件やメダルの意味……。

 本書はそれら一つひとつを、実際に画面を出しながら詳しく説明した。ゲームとしての面白さとともに、近所でのちょっとした発見や、毎日歩くことの健康への影響など、Ingressにはさまざまな効用さえある。そんな話を交えながら、Ingressを解説した。

 本書によって、Ingressの魅力と楽しさを知り、どこかでリアルハックできることを楽しみにしている。


目次はこちら

2015年8月28日金曜日

新刊「Chrome・Chromebook定番「拡張機能」セレクションズ」

月900円!からのiPhone活用術 Chrome・Chromebook定番「拡張機能」セレクションズ

武井一巳
インプレスR&D(NextPublishing)
Kindle版 600円 / ペーパーバック 1,188円
2015/0821発売


 はじめに

 Googleがオープンソースとして開発したChrome OSは、ウェブを中心とするパソコンの動作に最適なOSである。WindowsやMacではウェブブラウザのChromeが普及しているが、Chrome OSそのものを搭載してChrome上でさまざまなアプリケーションを動作させたのがChromebookだ。

 最近のパソコンでは、作業の多くがWebやクラウドを中心とするネットワークを活用した方法に変わりつつある。手元のパソコンのハードディスクドライブにアプリケーションやデータを保存するよりも、クラウド上でソフトを動かし、データもクラウドに保存するという方法だ。

 スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器の普及で、これまでパソコンで作成してきたデータなども、これらの機器で利用できたほうが効率的なのだ。データをネットワークのクラウド上に置けば、パソコンでもタブレットでも、そしてスマートフォンなどでも活用できる。

 そんな仕事の方法やパソコンの利用法の変化が、ChromeやChromebookを産みだしたといえるだろう。実際、アメリカでは教育分野などでChromebookが広く普及しはじめている。企業でも、メンテナンスがほとんど不要のChromebookに大きな注目が集まっている。

 本書では、そのChromeやChromebookを、もっと便利に活用するための仕組みであるChrome拡張機能と、ブラウザであるChromeを便利なツールにしてしまうChromeアプリについて、なるべく簡潔に紹介した。
 はじめて触れるパソコンがChromebookだという、いわば“クラウドネイティブ”の世代が育ちつつある。パソコンは、インターネットに接続してネット上のアプリを使い、作成したデータもクラウドに置き、スマートフォンでも活用する——そんな時代がもう始まっているのである。

 スマートフォンやタブレットの普及と高機能化によって、パソコンは時代遅れの道具だと見られつつある。だが、そんなことはない。ちょっと複雑なことをしようと思えば、物理的なキーボードを持つパソコンやChromebookのほうがずっと扱いやすく、便利なのだ。
 そのパソコンやChromebookを、スマートフォンに匹敵するクラウドネイティブの道具にしてしまうのが、Chrome拡張機能やChromeアプリなのである。
 ChromeとChromebookを最大限に活用するために、本書で紹介したChrome拡張機能やChromeアプリのなかで気に入ったものを、どんどん試してほしい。それによって、自分なりの新しいパソコンの活用法も見えてくるはずだ。


目次はこちら


2015年2月23日月曜日

PC/Mac版Kindleの登場で、amazonkindleがものすごく便利になった!

そういえば、ちょっと思い出した機能があります。
以前試してみて、なんだできないじゃん、と残念だった機能。

Kindleには、知る人ぞ知る機能があります。これはもう絶対便利だから使わないと損だよって、会う人ごとに紹介していた機能です。amazonkindleです。
Kindleで本を読み、ハイライトを付けたりメモを記入したりすると、実はWhispersync機能を有効にしておくだけで、これらの情報がアマゾンのサイトにすべて保存されています。それがamazonkindle。

amazonkindleにアクセスし、アマゾンのアカウントでログインすると、amazonkindleのページが表示されます。これはKindleのソーシャル読書のひとつの機能で、他のユーザーをフォローすると、そのユーザーが読んだ本や付けたハイライト、メモなどを閲覧したりすることもできるもの。
あるいは、ページ上部の「Your Highlights」をクリックすると、自分がKindleで読んだ本に付けたハイライト部分やメモなどが一覧表示されます。実は、この機能があるからこそ、Kindleという "システム" から逃れられない。この機能が、あまりに便利すぎるから。

たとえば、本を読んでいて重要な部分や気になる部分にハイライトを付けます。このハイライト部分は、しばらくするとamazonkindleの自分のページに出てきますから、これをコピー&ペーストすれば原稿やブログなどに簡単に引用できます。本から書き写す必要なんてない。知的生産が、この機能のおかげでずいぶんと楽で効率よくなります。
ハイライトやノート部分を検索することだってできる。Kindleが、単なる電子書籍ではなく、また電子書籍を読む端末でもなく、それらすべてを統合する "システム" であることがよくわかります。

このamazonkindleのページに出てくるハイライトは、もちろん自分が本を読んでいるときに付けたハイライト部分ですが、それぞれのハイライトの後に、「Read more at location 2」といったリンクが表示されています。

以前はこのリンクをクリックしても、何の意味もありませんでした。が、Kindle for PCやKindle for Macの登場で、俄然、Kindleが便利になりました。
このリンクをクリックすると、Kindle for PCまたはKindle for Macが起動し、該当の本の該当のページが表示されるのです。日本版Kindle for PC/Macが出る前は、US版をインストールしているときはUS版のKindle for PC/Macが起動し、日本のKindleストアと連携していないために、「本がない」といってエラーになってしまいました。
日本版Kindle for PC/Macの登場で、このamazonkindleの機能が有効に動作するようになったわけです。

Kindle PaperwhiteやVoyage、あるいはiPhoneやNexus 7で本を読んでいて、ハイライトやメモを付けておいた場所を、デスクトップ版のKindle for PC/Macで即座に該当の本を開いて該当のページにジャンプする。 外出時やベッドのなかで読んでいた本のページが、デスクトップで即座に開いて、そのまま原稿を書いたりブログを書くときに活かせる。
これでまたひとつ、Kindleが便利になりました。

ただし、書籍によってはKindle for PC/Macで開かないものもあります。デスクトップ版に対応していないKindle本というのがあり、それらはamazonkindleに表示されているハイライトからクリックしても、本は開きません。


2015年2月17日火曜日

日本版Kindle for PCのコレクション機能を使う

日本版Kindlefor Macでコレクション機能を使うというエントリーを書いたところ、Windows版、つまり日本版Kindle for PCはどうよ、という質問がきました。
いや、メインマシンがMacで、別にKindle for PCは使う予定もないし、とか思っていましたが、ちょっと試してみました(泣)。って、ぜんぜんOKじゃん。

環境が異なると違うのかもしれませんので、とりあえず当方はMacにParallels Desktopに入れたWindows7という環境です。
このWindowsに、Kindle for PCを入れました。バージョンは現時点での最新版の1.11.0です。このKindle for PCだと、単純に言語を英語に切り替えれば、コレクション機能が利用できます。

メニューから「ツール」→「オプション」を指定し、オプションメニューで「言語」を指定すると、設定できる言語が表示されます。ここで「English」を指定。「保存」ボタンをクリックすると、再起動するよう促されるので、「今すぐ再起動」ボタンをクリック。これでKindle for PCが再起動します。



再起動したKindle for PCは、英語モードで起動しています。左側のライブラリメニューに、「COLLECTIONS」という項目が追加されていますから、これをクリックしてあらわれたメニューで「New Collections」をクリック。これでコレクション名を記入すればコレクションが作成されます。
右側のKindle本でコレクションに追加したい本を右クリックし、メニューから「Add Collection」を指定して、追加したいコレクションをクリック。これで指定したコレクションに、指定したKindle本が追加されます。


このコレクション機能で、Kindle本の管理が楽になります。

Kindle for Macの場合、英語モードだと米Kindleに接続され、Kindleストアで本を購入したりといった操作ができませんが、Kindle for PCの場合は日本のKindleストアに接続し、本を購入したりといったことも可能です。その意味では、Kindle for PCのほうがMac版より取り扱いが楽なようです。

コツは、最初に言語を「日本語」に設定し、その状態でKindleストアと連携すること。日本語モードではコレクション機能が利用できません(コレクションが表示されない)から、連携した状態で、オプションから言語を「English」に変更すること。これでコレクション機能が利用できるようになり、なおかつ日本のアマゾンで買い物もできます。不便なのは、メニューなどが英語になっているということだけ。Kindle for PCのコレクション機能が利用できるなら、それだってたいした不便ともいえないのでは。


なお、Kindleのコレクションには、ローカルのコレクションとクラウド上のコレクションがあり、Kindle PaperwhiteVoyageなどではどちらのコレクションも利用できますが、Kindle for PCではまだローカルのコレクション機能しか利用できないようです。